雨が降ったらどうするの??
外壁工事の工期には2週間以上かかります その間、晴天が続き順調に作業が進めばいいのですが、そうもいかないのが現実です。 梅雨の時期や秋の長雨など特に注意しながらの塗装作業が必要です 基本、雨の降っている日は施工はできません 塗料に雨が混ざる事を避けなければなりません 作業をする開始時間前までにその日の天候の確認をし作業できない状況であれば お施主様に作業中止のご連絡をいたします 天候を無視をして工事してしまい、数年後に剥がれてしまったり、思ったよりも早く色褪せしてしまったり、といった不具合を防ぐためには、常に天気予報を確認しながら、無理なくすすめるのが一番です! 無理のない施工を心がけています(^^)/

地域密着の塗装屋さん
どちらがいい?地元の塗装屋さんとお住まいを建築したハウスメーカーさん?? マイホームを建てていただいたハウスメーカーさんに屋根、外壁の塗りかえをお願いしなければならないとは限りません! ハウスメーカーさんにマイホームを建てた方が必ず直面する悩みが「外壁・屋根の塗り替えハウスメーカーさんにお任せしないといけないのか?」という問題です。 もし、少しでも工事価格を安くしたいのであれば、ハウスメーカーさんににお願いするのではなく、地域密着の外壁塗装屋さんにお任せするのがベストです(^^♪ ハウスメーカーさんに依頼しても、実際に施工するのは塗装の施工下請け業者、トータル的な知識も含めて塗り替えの専門店にお願いするのも1つの選択肢かと思います。 ハウスメーカーさんに依頼してしまうと、中間マージン(取次料金)が発生し、費用が高くなることがよくあります。 無駄な費用は誰だって望まないはず! 中間マージンが発生しない地元業者さんがオススメです!(^^)! お住まいの塗り替えをお考えのみなさま、お気お軽に松戸市の一級技能士の店、寺内塗装にお問い合わせください

WB多彩仕上工法
最近では塗り替え時期がきたから塗り替えするのではなく【視覚の贅沢を楽しむ】お客様もいらっしゃいます そこでおススメさせていただいているのが【WB多彩仕上工法】です 特殊なローラーを使用し上質な仕上がりが得られ塗り替えの新たな可能性が広がりました

お住まいを塗り替えるのは丈夫に長持ちさせるのは当然ですが、塗り替えを機にお住まいのイメージチェンジをされるお客さまもいらっしゃいます(*^_^*) 今までとは違う雰囲気になり新鮮な気持ちにもなりますね♪そして『どんな色合いにしようかしら??』とお悩みしますよね。。。 参考までに、、 明るい色は面積が広くなるほど明るく鮮やかに見えます また暗い色は面積が広くなるほど暗くくすんで見えるものです これは色の面積効果になります

寺内塗装では一般的な塗装をする場合おおよそ2週間から3週間の時間をちょうだいしたいます 『塗るだけなのになぜそんなに時間がかかるのかしら??』と思われるかもしれませんが塗装工事には足場組立にはじまり 高圧洗浄、下地補修、養生、下塗り、中塗り、上塗り、、、等様々な工程を踏む必要があるため簡単に終わる工事ではないのです^_^; それぞれの工程は大切な意味がございますのでお客様にもぜひともご理解いただきといと思っております

お住まいを塗装する際に、機能性のある塗料を選べば塗装する事によりさらに住みやすく快適になります  例えば防水性能をもつ弾性塗料を塗装すると壁がひび割れても建物内部への水の浸入を防ぐ事ができ、 防かび塗料を塗装すると塗装箇所におけるカビの発生をおさえる事ができます

塗装する事によりお住まいは美しさを取り戻す事ができます また塗装工事をお考え中の方にはこれまでとは異なる色の塗料を選べばお住まいがキレイになるだけでなく イメージチェンジを図る事も可能です

塗装工事には雨風や紫外線などの外部環境から家を守るという役割があります 家の内部に侵入する水を防ぎ、紫外線の影響を最小限に食い止めるのです もしも塗装をしなければ家の内部に侵入した水が躯体を腐食させ、紫外線は劣化を誘発しあっという間に家の寿命を迎えてしまうでしょう

塗り替えでもっとも大切な事はお住まいにとって適切な時期、大事に至る前に塗り替えする事なんです 一般的に住宅の塗り替えは10年に1度必要と言われています

塗装工事をするにあたり適正な季節はいつか??お客様にもお問い合わせいただきます 結論!基本外壁塗装は季節を問わず1年中施工できる工事ですがどの季節に行っても悪天候で工事を中断しなければならなくなるリスクがあります

さらに表示する